Blog Rina, FASHION, SHOPPING

色々なシーンで着てみたい「ADAY」NYでPOP-UP開催

July 24, 2017

ゴールドマンサックスで働いていた二人が出会って生まれたというファッションブランド「ADAY(アデー)」。
テクニカル素材を使ったマルチなウエアで、6月の下旬から4ヶ月間ニューヨークのノリータにポップアップショップを開催中。
2015年頃から話題になりだしたロンドン生まれのこのブランド。お店のスタッフと話をしたら、当初からニューヨークの顧客が多かったということでポップアップを決めたそうです。

みんながワークアウト(運動)をする時代。

でも、スポーティーなフィットネスウエアはあってもライフスタイル的なオシャレなウエアがなかなかないという体験から誕生。
お店のスタッフさんも話していたけれど、NIKE とか OUTDOOR VOICES とかではなくて、もっとオシャレな。。と話してた。

えー、、、OUTDOOR VOICES オシャレじゃん!と思ったけれど、確かに雰囲気はは違うかも。

日本ではまだまだオシャレなウエア来てワークアウトする人少ないんじゃないかな。。

でもニューヨークでは、結構レギンズひとつでもカットアウト物や一部シースルーになってたり、デザイン性高いワークアウトウエアを着ている人が増えて、普段着並みの洒落た感があるからだんだんスポーツウエアというジャンルといわゆるアスレジャーの境目ってぼんやりしてきているのかもって思います。

しかしニューヨーク、何するにでもお金かかるよーw

昔だったら、ジムに行ったら汗かいてガンガン洗濯回すしってそこまでルックにはそこまでこだわらないから、機能性って部分でNIKEやAdidasで十分だったけど、この前もブログで話したように、Health & Wellness(ヘルス&ウェルネス)に気を使う人が今はオシャレっていうか、かっこいいっていうか。
そんな感覚が目覚めてきているから、ワークアウトのウエアもどんどんオシャレになって、お金がかかっていくわけですよ。

今回ADAYは4ヶ月間のポップアップということでノリータにオープンしたけれど、将来的にはノリータにストアを出店するだろうって話で、しかもニューヨークにはウィリアムズバーグやアッパーイーストサイドもエリア的には気に入ってて、来年中には5店舗くらい出店したい考えがあるって業界紙のWWDに書かれてた(全部がNYかどうかはわからないけど)。

ADAYの今のノリータのポップアップの場所は、私が好きだったメンズブランドのAlex Mill(アレックスミル)があった場所。
Alex Mill って最近J.CREWのCEOの座を退任するって発表したミラード・ドレクスラーの息子のブランドでさ、結構日本テイストを感じさせる良いメンズウエアを展開していて、お店も小さいながらに雰囲気がよくて、彼らがオープンした時も真っ先に見に行ってたんだ。だから行ってみてびっくり、残念!

でも素敵なお店だったからこそ、ADAYはすぐにポップアップが実現できたみたい。
ちょっとペンキとか塗ったとは言ってたけど、ほとんどそのままで素敵な状態だったと言ってたもの。

素敵なワークアウトウエアやアスレジャールックを探している人は是非このブランドもチェックしてみてね!

——————-
ADAY
268 Elizabeth Street
https://www.thisisaday.com

1

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply