Blog Rina, WELLNESS

「ウェルネス」っていったい何のこと?

July 7, 2019

What do you mean by Wellness?

NY生活の中で「WELLNESS / ウェルネス」って言葉は普通に会話の中に出てくるレベル。日本でもきっとファッションやライフスタイル系の雑誌ではテーマとして取り上げられる機会も増えてきたかもしれないけれど、多分まだまだアメリカで感じるそれぞれの人の“ウェルネスへの意識”とは差があるのかなと。

だから、その「ウェルネス」って、いったい何よ? って話ですよねw。

「Health/ヘルス/健康」は皆さんもご存知の通り“病気をしないこと”を意味します。一方の「Wellness/ウェルネス」は、健康的で、満たされる生活を送りたいと願うための、目的だったり、その課程においてのチョイスだったりを意味します。要は健康というものを身体的な側面だけで考えたとしたら「ウェルネス」は、よりホリスティックのレベルで考えることだと私は思っています。
もう少し簡単にいうならば、身体的にも、精神的にも、自分が過ごす環境的にも健康的で有りたい、ハッピーでありたいと願い、実現していく日々の小さな意識(や過程)がウェルネス。

ウェルネスについては一つの答えがある訳でなく、人それぞれが持つ考え方でもあり、目的でもあり、ゴールでもあったりします。誰かと比べることでもないので、色々な人とウェルネスについて話せば話すほど勉強になるなという部分が、前向きに実践できる理由でもあり、またアメリカではウェルネスに対するそれぞれの意識が高まっている理由なんじゃないかなと勝手に思ってます。

例えば走ったり、ヨガったりして健康的に動くこともウェルネス。体を動かすことで悩んでいたことが吹っ切れたり、モヤモヤしていたけど逆に体を動かすことで集中できたり。単純に今日は少し運動したぞ!って気持ちが人によってはウェルネスに値する訳です。

グローバルウェルネス機関によればウェルネスは単に健康であるだけでなく、多次元な部分を意味すると言われています。これは一部ではありますが、例えば、

Physical / フィジカル:エクササイズや栄養、睡眠などを通じ健康的な体を目指す。
Mental / メンタル:学ぶことや問題を解決すること、またクリエイティブに何か物を作ってみたりなど、世の中と関わっていく。
Emotional / エモーショナル:連絡を取り合ったり関わりを持つことや、(ものごとを)認識すること、(ものごとを)受け入れること、(他の人に対し)気持ちを伝えることなど。
Spiritual / スピリチュアル:人として存在することの目的や意味を探し求めることなど。
Social / ソーシャル:繋がること、関わること、誰かの為・コミュニティーの為などに貢献することなど。
Environmental / 環境:環境の中で自分を陥れるのではなく、高めていこうと意識し、ヘルシーな環境を作るなど。

実は昨年くらいから「Wellness Retreet / ウェルネスリトリート」というのが旅行業界ではトレンドと言われていて、何かっていうとウェルネスにフォーカスしたリゾートホテルが増えていたり、ホテル施設のサービスにウェルネスを加えるところが増えていたり。
日本の場合、ウェルネスリトリートと言えば温泉旅行ですよね!都会の人からしてみると自然に囲まれ、地元の美味しい食材を楽しんで、温泉に入って体を休める。これって“セルフケア”であり、ウェルネスですよね。

現代病っていうとちょっと前ならば生活習慣病(成人病)や職業病がパッと思い浮かんだけれど、今でいう現代病に当てはまることは、メンタルヘルスに関連することが多かったりしますよね。

だってホント、10年から20年前とは価値観も変わったし、良くも悪くもライフスタイルも変わったし。
背景にメンタルヘルスが関連していると思われる事件は増えるばかりで、それを多分遠目に見ている方も多いとは思うのだけど、正直自分や、自分の家族、友だち、誰にでもメンタルヘルスの問題は起こりうるってことは大いにあり得るのが現代で、だから、とっても「ウェルネス」や「セルフケア」って大切だなってより強く感じるんです。

You Might Also Like